スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sonne


FF9の発売日翌日に事故でDisk1を割った事のあるRAVE-Nです、こんばんわ

mixiの方でSonneの感想とか既に書きましたが

なんだかマイミク外の方の足跡が異様に多かったので

とても申し訳ない気分になってしまいました。

私はまともな感想を書く人間じゃないわよ!!





Sonneわけで、ぶふぅぅぅぅ

そんなわけで、真面目にギタドラ共にSonneをやってきたわけですが

ギタ譜面はわりと自重していますね

赤G、赤B、赤OP、全てにおいてDOGMAより劣るかと思います

てっきりV6のラスボスだから

「わー、ドリブンもびっくりの3連高速がー」

「わー、超高速にぎにぎ譜面がー」

「わー、見えないノーツが降ってきたー」(シークレットボーナスッ)

と、物凄い凶悪な譜面を想像していたんですがね

赤G、赤OPの中盤のスカスカっぷりはちょっと残念です。Sonnenッ!!(ガシャーンッ)



LVは赤Gと赤OPが99、赤Bが98なわけですが

全体的な繋ぎ難易度やクリア難易度を考慮すると

どう考えても赤Bの方が難しく思えるのですが、これはどうでしょうか?

単純に赤Bの譜面が私の肌に合わないだけ?



それと、3種類の譜面全てに、ラストに運指発狂が待ち構えているわけですが

赤G→地獄軸運指

赤B→地獄軸運指+α

赤O→地獄にぎにぎ運指

赤Gと赤OPだと譜面の形が大きく変わりますね、お好きな方を選べと…

個人的には軸運指よりもにぎにぎの方が処理しやすいと感じます

むしろ、赤Gをプレイしたらラストで右手の人差し指と中指がぶっ飛びました



~残念リザルト集~

090927_13465411.jpg

・前半の高速2連で切って、ラストのにぎにぎ終わりの奇数個に騙されるケース

前半の高速2連は一番の切りどころ、わかっていても切れてしまうもどかしさ

そして、気を付けるのはラストの発狂も同じ

単純に運指難易度が高いだけではなく

偶 数 個

なので、ダウンから滝に入ったらアップ終わりで終わらせないといけないのです

これ、些細な事ですが中々難しいんですよね、意識的に



090927_1439091.jpg

・緊張のあまりエクセ切りしてしまうケース

これは最初の高速2連を全パフェで繋いだ緊張から生まれるミスです

「つ…繋いだ…ッ!!お、おぱんつッ!!おぱんつッ!!!!」

と、切りどころを繋いだ緊張で、脳内のアドレナリンが大量に分泌

幼女のパンツの事を妄想してしまい、コンボを切ってしまいました

しかも曲が終了したときにはグレが0個…これは泣けます





まぁこんな感じで、現在は最初から普通にラスト手前切りで達成率95%が自己ベスト

粘着した結果、オプションはランダム当たり待ちが一番ですね

正規は整った形なのですが、すぐに癖が付きます

その分ランダムは、ラスト発狂で

「うんこ!!」

と叫びたくなる譜面が来ることがありますが

上手く軸が揃ってくれるとすんなり繋がる譜面になってくれます、オススメ





~おまけ~

090927_1356031.jpg

中盤の2連で切って、その後を全部繋いでしまうアホな一網打尽赤Bの例






ドラム譜面の方は、黄譜面しかプレイしていないのですが

後半の「ダダダダダッ」以外は「おもすろーい」という感じです

赤譜面は動画でしか見ていないのですが

サワムラーを連れてきて代行してもらえば、いけるかもしれません

sonne.jpg







そんなSonne事情でした

赤Dはクリア出来るかなー、それが一番不安です

いや、むしろプレイして足が吹っ飛ばないかなーという不安の方が強いです



それと、以前から「少女マンガに出てきそうな90年代の魔法少女」

という題目で絵を描く機会があったので、描いていました。真面目に。

maho

しかしどう考えても鎌は無かった。何故鎌を持たせた。さては私は厨二病か。

でも鎌ってかっこいいわよね。さては激しい厨二病か。

うみねこ新キャラの古戸ヱリカの武器も鎌で惚れた。さては極度の厨二病か。

何はともあれ、こてこての幼女が描けて良かった















[WEB拍手返信]


>>







( ∵)たまプラザッ!!たまプラザッ!!おああああたまプラザッ!!!
スポンサーサイト

【ギタドラXGロケテ考察】


【ギタドラXGロケテ考察】


お久しぶりです

私が一ヶ月間も日記を書かずに生きているなんて

地球の軸がずれて、ギタドラで300曲くらい削除曲が発生しそうです



そんなわけで、前予告無しに川崎で9/10から行われた

ギタドラXGのロケテに二日間行ってきました

とにかく今回はゲームの仕様そのものがまったく違うということで

物凄く気になっていました

だから仕事の後にでも突撃出来るッ!!

この知的欲求を満たせるのなら典型的リーマンスタイルでも音ゲーが出来るッ!!



※考察はドラムもメモしてきたのですが

実際にプレイはしていないので、今回はギタフリXGだけに絞って書きます





【インタフェース面】

・全体

まぁ、簡単に変化点を述べるなら

「ボタンが5つになった」ことですね、これは皆さんご存知の通り

足元にはエフェクター、あまり操作していないのでよくわからないのですが

エフェクターボタン3つに、ペダルが1つの構成になっており

これを組み合わせて6種類のエフェクトが設定出来るみたいです

従来のギタコンに付いているエフェクターノブ(のぶ)は

この足元で設定したエフェクトの強弱を変えられる設定になっているようです



・ギタコン

ギタコンの形状が従来のギタコンと変わります

ネック部分の太さが薄くなり、家庭用GFコントローラと同様の薄さになりました

「現在のギタコンの横幅+家庭用GFコントローラの薄さ」

と考えていただければよろしいかと思います。

そして、ボタンの大きさも小さくなりました

これによりボタンとボタンとの幅が狭まりました

定規を持ち合わせていなかったので正確な差がわからないのですが

普通の指を持ち合わせているなら

人差し指から小指までで十分4つのボタンを操れる程度の幅になっています



・エフェクター

エフェクターペダルですが

正直な話、プレイ中は忙しすぎてあまり弄れません

まだXGに慣れていないからというのもありますが

わざわざ足元にこんな大きな物を作らなくても良かったのではないかと思います

私だけかもしれませんが、かなり足元が気になりましたしね

「曲中にエフェクターを切り替えまくりたい!!」

「でも従来のギタドラだと譜面演奏中は手で切り替えることが出来なかった!!」

という人にはピッタリなのかもしれませんね





【画面】

・選曲画面

今回はクレジットを投入してゲームスタートすると

いきなり選曲画面に飛ばされるので、ここからスタート

画面中央に曲のバナー、曲名、アーティストが表示されるおり

これを横にスクロールして選曲する形です

曲のLVなどの情報は画面上部に表示されており

BSC、ADV、EXT難易度が全て閲覧出来るようになっています



・プレイスタイルメニュー

選曲画面でプレイスタイルメニューを呼ぶと

画面上部に横スクロール形式でプレイスタイルウィンドウが呼び出されます

「ハイスピード」「ダーク」「リバース」「レフト」「バイブ」

オプションはこの5つの順番で並んでいます

ハイスピードは1~10まで(?)、ダークは従来通り

バイブはよくわかりません、とにかくオプションが大幅に減りました

製品版ではどうなるかわかりませんが

判定位置変更オプションが必要だと感じましたね

今回は強制的に判定バーの下に表示されます、流石にコンボは画面外ですけど



・プレイ画面

1Pなら左側、2Pなら右側にレーンが表示されるのは従来通り

レーンの上部にエキサイトゲージ

画面中央には曲の「ステージ数」「バナー」「曲名」が並んで表示

画面下部には曲のLVやオプション、スコアなどが表示されています



ムービーはDDRと同様に、画面の裏で再生されるようになりました

新曲のムービーは画面のアスペクト比に合わせて作成されていますが

旧曲のムービーは二分割されて再生されます

それにくわえて旧曲のムービーは大分画質が粗いです



レーン上のチップなどについては

全体的にノーツチップが小さくなりました、正直かなり見づらいです

画面が横にも縦にも大きくなったからかもしれませんが

ノーツが細かい分、運指譜面などが認識しづらくてたまりませんね

そして問題のOPENノーツ

全体的にノーツが小さくなったので、このOPENノーツも小さくなり

困った事にハイスピードが速いと

OPENノーツなのか小節線なのか戸惑う事が多々ありました、私だけ?

これはダークフルを使えば問題は無いと思いますが

本質的にこれは改善すべきですよね





【システム】

・ワイリング

実は今回一番気になっていた変更点

「ワイリングの種類が3種類に増加!!」

とか最初聞いた時は「なんやねん!!」とか思っていたのですが


①従来のギタコンを上に上げるワイリング
②ギタコンを左右に振って反応させるワイリング
③ギタコンを下に下げて反応させるワイリング


上記の3種類が今回のワイリング

恐らくワイリングの範囲は1秒間と変わりません



今回は「ワイリングボーナス!!」と表示されている間にノーツを弾くと

ボーナスポイントが加算されるとかなんとか

これは帰ってきてから初めて知りました



気になった点として、横ワイリングが反応しすぎます

何もしているつもりが無いのに「ッドーンッ!!」(今回のワイリング音)

「あ、横なのに間違えて縦に上げちゃっt」「ッドーンッ!!」

「おおおッ!!なんだこの連続横ワイリn」「ッドーッドーッドーンッ!!」

うーん



ちなみに、次のワイリングがどんな形をしているのかは

レーン画面上のワイリング蘭を見れば、矢印で表示してくれます

が、ハイスピが速い人は、普通プレイ中にそんなところ確認しないんですよねぇ…



ワイリングスコア計算については下部のスコア項目を参照



・ロングノーツ

と、言うべきか、ビブラートと言うべきか

長いノーツに合わせて、対象のボタンを押しっぱなしにすると

ボーナスポイントが入ります

押しっぱなしにしている間にギタコンを左右に揺らす事で

ボーナスポイントの加算が速くなります

現段階で、この揺らし方のコツがわかりません

個人的にはこれを気にしすぎるせいでミスが発生し

プレイ中の爽快感というべきか、プレイしづらくなった気がします

不満点



・パート、難易度

今回はギター譜面とベース譜面の二種類のみ

今回はギター譜面、ベース譜面共に従来のOPENノーツが強制的に混じります

また、確実ではないのですが

BASIC、ADVANCE譜面ならば、5つ目の「Pノーツ」と「OPENノーツ」は来ません

EXTREME譜面から、恐怖の「Pノーツ」と「OPENノーツ」が降ってきます

なので、ADVANCEとEXTREMEでは難易度が大幅に変わるわけです

(ちなみにトリトラの新曲の赤BではPノーツが降ってきませんでした)

(カイザーフェニックスもラストに一箇所Pノーツが降ってくるだけでした)





【スコアシステム】

・基本スコア

率直に言うと、今までのギタドラと全然違います

スコア表示のケタ数を注目すると

0000000

7桁、百万表示です

KOBUさんが立てた仮説では、百万点が満点方式

DDRやポップンと同じような方式です

そう思い、曲によってノーツの増減が変わるか実験


・嘘 ADV/G

91点 / 1コンボ


・VAMPIRE KILLER EXT/G

44点 / 1コンボ


・ドラフォ ADV/G

24 / 1コンボ(+24)

72 / 2コンボ(+48)

144 / 3コンボ(+72)

240 / 4コンボ(+96)

504 / 5コンボ(+144)

672 / 6コンボ(+168)



従来のBSC、ADV、EXTの難易度によるスコア差は無いみたいです

また、この結果から多分ノーツ数が多いほど1ノーツで入るスコアが低いです

つまり、百万点方式が濃厚な気がしてきました



・ワイリング

これはKOBUさんに検証してもらった結果ですが

[ワイリングをした時点でのコンボ数]×[100点]

これが基本ワイリングボーナス

そして、50コンボ以降は5000点で固定らしいです(ここ重要)

[50コンボ]×[100点]

私はあまり着目していなかったのでなんとも言えませんが

スコアにせよ、ワイリングにせよ

コンボによるボーナスが500から50に変わった可能性があります

これがもしも真実だとすると…恐ろしい



・ロングノーツ

一定時間に100点づつ加算されていきます

ギタコンを揺らす事で、その加算スピードが増加します

詳しいシステムがわからない以上、あまり突っ込めませんね、コレ





【まとめ】

私がプレイした感想を率直に書かせていただくと

新しくて面白い

です、不満点は上記のように色々とありますけどね

赤譜面はトリトラの新曲だけしかクリア出来ませんでしたけど

「ボタンを5つ使ってうまくプレイしてみたい」

という上達意欲は沸いてきました



多分一般人…と言いますか、新規でプレイする方はあまり居ないでしょう

これ以上にとっつき辛いゲームはそうそうありませんよ、特にドラム

これからXGがどうなっていくかわかりませんが

稼動したなら程ほどにプレイしていきたいと思います


テーマ : 音ゲー全般
ジャンル : ゲーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。